聞け話せなくなる英語

日本の英語教育は文法に偏りすぎています。
得意ならクイズみたいで、面白いと思うかもしれませんが。。。

私は日本の英語が、苦手ではなかったのですが、
今も英会話はほとんどできません。
あれだけ勉強をしたのに、なぜだろう。。。

今までの家庭教師の経験から言えるのは
そもそも高校で扱う英文法って、あまり必要ないんじゃないかということです。
すべてが必要ないのではなく、不要な説明がとても多いと言えば良いのでしょうか。

高校で学ぶ英単語はたくさん覚えた方が良いですが、
(単語の語源のルールもたくさん分かってると覚えやすい)
英文法は中学レベルが分かれば、海外の英語の文章はかなり読めます。

となると、逆に真面目に高校の英文法をガッチリ覚えて、
それが英語のスタンダードだと思ってしまうと、
不器用な人はそれに捉われて、英会話に苦手意識をもつのでは。。。

私はその一人です。。。

また、英語の勉強で始めにすべきなのは発音だそうです。
本を読んだり、英語圏に留学経験のある友人に聞き、社会人なってから、私は気づきました。

「A・B・C・D・E」が、
「エー・ビー・シー・ディー・イー」ではなく、
「ア・ブッ・クッ・ドゥ・エッ」なんです。
(カタカナ英語で覚えるのも本当は良くない)

英語が苦手な方は、英単語を読む時、
アルファベットと音が一致できず、
わからなくなってしまいます。
そこで、苦手意識が起きます。

その初期の苦手意識を解消するためにも
発音学習は英語学習の初期にすべきです。

発音は後から勉強すると、二度手間で
(今も私は教えられない。。。)
英語学習の初期から学んだ方が絶対お得です!